• トップ /
  • 葬儀のスケジュールと準備

葬儀に必要な準備とは

葬儀のスケジュールと準備

葬儀の準備の流れとスケジュール

家族が亡くなり、葬儀を営む必要が出来た時、どうすれば良いのか戸惑う事が多いものです。まず最初に、決めなければならないのは、どこでどのような葬儀を営むかと言う事です。家族や身近な親族で、このイメージを決めて、業者に連絡する事から準備が始まります。連絡を入れると、病院等に遺体搬送用の寝台車で迎えに来てくれ、会館の霊安室にまず安置されます。ここで通夜や葬儀のスケジュール等を話し合い決定し、関係者に家族が亡くなった事と、スケジュールを連絡する事となります。このスケジュールは、遺族の希望と、焼場(斎場)の空き具合、会館の式場の空き具合、お寺さんの都合等を勘案し、決定するのが一般的です。お付き合いのあるお寺さんがない場合には、宗派が分かっていれば業者さんが近くのお寺さんを紹介・手配して下さるので心配はいりません。近年、東京などでは焼場が中々確保できず、そのために故人が亡くなって何日も、安置場で空きを待つ必要があり、中々すぐに式を執り行えないの状態となっています。この様に、スケジュールが決まれば、業者さんが用意している何種類かの祭壇や棺や様々な品を決定すれば、主な準備は完了します。通夜や葬儀に当たっては、細かい点で決めなばならない事もありますが、後は業者さんのアドバスの下に進めれば、比較的スムーズに終える事が出来るものです。準備においては、どこでどんなイメージの葬儀を営むか、またスケジュールを決めるまでが特に重要と言えます。

バックナンバー

↑PAGE TOP