• トップ /
  • 葬儀に行くことになったら

葬儀のための招待状のマナー

葬儀に行くことになったら

葬儀のための服装の準備

結婚披露宴では、来てもらいたい人に招待状を準備することになり、呼びたくない人がいれば招待状を出さなければいいことになるものの、葬儀となると結婚式とは違って招待という考えはありません。招待状のかわりになるようなお知らせになる書面も一般的には準備しないことになり、人から人へと言葉で連絡を入れるということになります。喪主からその人へ直接連絡を入れて葬儀の日時を伝える方法もありますが、故人が亡くなって気持ちが落ち着かないことも考慮して、親せきや知人などが積極的に連絡を入れていきます。故人にはお世話になったという人であれば、誰でも都合がつけば最後のお別れに行きたいと思うものですが、その時の服装には十分注意をしなければなりません。葬儀にはたくさんのマナーがあり、身の振る舞い方や言葉使いもそうなのですが、タブーとされる服装であればその場所にいるだけでも白い目で見られることになります。葬儀は急なことも多いため、何も起こらないうちから準備しておく必要があります。クリーニングに出していつでも着ることができる状態にしておき、しばらく着ていないのであればたまにクローゼットから出してかびが生えていないかをチェックしたり、太って洋服が入らないというトラブルがないように着てみるのもいいでしょう。

バックナンバー

↑PAGE TOP