• トップ /
  • 寺での葬儀に行くのなら

お寺で葬儀をする際の準備

寺での葬儀に行くのなら

葬儀にはマナーがたくさんある

葬儀で寺に行くとなった場合、たくさんのマナーがあるので初めての人であれば目上の人にマナーや服装について事前に聞いて準備をしておくといいでしょう。葬儀のマナーとしては、寺に行ってお焼香をするにも正しいやり方があります。一人ずつ順番に前に出て行うことになるので、親族や大勢集まっている他の人からも見られてしまうことになります。これまで何度も葬儀に参列したことがあるという人でも、故人の宗教によっても方法が違うこともあるので、事前に方法を理解しておくとともに前の人にならって行うことは重要です。また、言葉遣いの面でも注意しなければならない点があります。忌み言葉と呼ばれるように、葬儀だけでなく結婚式でも使ってはいけない言葉というものがあります。ついつい使ってしまいがちなのが、重ねるという言葉です。もしも、旦那さんが亡くなった後に奥様が続けて亡くなられたとしても、その気持ちを不幸が重なって大変ですねという言葉はねぎらいにもなりません。他にも、言葉が重なるくれぐれも、たびたびなども使ってはいけません。これ以外にも、服装でもタブーとなることがあります。服装では事前に準備をしておけばいいことになるので、不幸事が起きる前の準備が重要です。服装がマナー違反であれば寺の中にいるだけでも恥ずかしい思いをすることになるので、事前に目上の人にチェックしておいてもらえれば安心です。

バックナンバー

↑PAGE TOP