葬儀の準備では僧侶の手配も必要

家族が病院等で亡くなり、遺族として葬儀を営む際の準備としては、親族で協議して、どんなイメージの葬儀を営むかを決め、それに適した業者さんに連絡する事から始めます。業者さんに連絡すれば、遺体搬送車でご遺体を会館の霊安室等に移してもらいます。ご遺体を安置した後、通夜や葬式の日程を最初に決めます。会館、焼場、僧侶の日程の都合で通夜や葬式の日程を決めます。この際に、故人が普段から仏壇にお詣りしてもらっていたり、檀家の場合には、その僧侶に連絡して導師を依頼します。しかし、普段からそうしたお付き合いのある僧侶が居ない場合には、葬儀社にお願いすれば近くの僧侶を紹介してもらう事が出来、スケジュール調整もしてくれます。従って家の宗派さえ分かっていれば心配はありません。こうして日程が決まれば、親族や関係者に通夜や葬式の日程を連絡すると共に、葬儀社と祭壇や棺や様々な儀礼用の品物を決めます。どこの業者さんも、何ランクかの祭壇や棺や儀礼の品物を用意しており、そのランクによって費用の総額が大きく違って来ます。従って、業者の言いなりになるではなく、自分の意思をしっかりと伝える事が重要です。ここまで準備できれば、後の細かい事項は業者さんに教えを請い、相談して準備すれば心配なく、流れに沿って営む事が可能です。

バックナンバー

↑PAGE TOP